四号×警護―シングル・精神―

警護四号とは、人の体躯に対する厄難の生起をそのそばで防護し、防衛する労働。いわゆるボディーガードの事である。
桐野勇希(19)。彼は居残る分隊の組長に仕える。彼は現下、組長の為にいらっしゃるユーザーにアポ無しで強引な接触を図っていた。
そのユーザーとは滝圭一。四号警護範囲報せ制圧室室長を努め、要人とうわさで周囲を惹きつけるやり手のダディ。だが彼は分隊からのリードの要望を断って要る。
こんな彼を引き抜けば組長に見える。組長の盃を頂ける。そう信じて勇希は彼の企業に独断で乗り込み、スカウトしようとしたのだが、スッキリ警護に捕まって仕舞う。
拘束された彼と直々に巡り合う事例にした滝。勇希は滝の胸ぐらを掴み、
「僕と来い!」
と呼ぶ。だが勿論滝はあんな要望を浴びるハズも無く、四号警護範囲班長です土佐景則に下位として預けようとやる。
「ふぅ。助かるわけないだろう。否決です」
「それは遺憾です。良いクオリティなのに。なら、こちらが個人的にお前を雇おう。名目は私のカラダカード。どうだ?」
「お、おれは榊分隊のやつです。未だに正式に杯は受けていないが……、おまえの手駒に上る主旨には…」
「わたしの周囲にいれば、説得する機会がかかるぞ?」
悪魔のリードに彼は乗って仕舞う。そして、だんだん彼の歓びに惹かれて赴き……
当作品は淑女向けの作。BL作ですね。
警護員熱愛グッズ!?やや特殊な等級かもしれません。
ヤクザ相手に騒動していたチンピラ青年・桐野勇希。でも榊分隊の組長に助けられ、彼の為に、恩に報いたいと思い、分隊のスカウトを断った滝圭一をついに説得しようと始める。
しかし、「説得する機会が重なるから私の下位になれ」と懐柔され、逆に滝のボディーガードに陥る事例に?
だが本当にボディーガードとしてみると、どういう指導にも忠実に従い、まったくロボットの様な彼に面白みを感じない滝。一方でこんな彼を二度と虐めてみたい、綺麗な顔を歪ませてみたいと嗜虐メンタルもグングン膨らんで赴き……というお話ですね。
美男を取り次ぎしに行ったら逆に下位になることになり、おまけにユーザーはあなたを虐めてみたいという想いを持っているユーザーで~という非常にディープなつながり?の滝と勇希。
変わってます。甚だしく。でも今や6冊以来も刊行されてあり、非常に人気も高い当作品。
やっぱイラストが凄く綺麗で喜ばしいというのも有りますし、人となりが濃くて魅力的ですよね。だんだん滝に愛されたいと狙うようになる勇希。でも組長への恩もあるし……板挟みな恋が素敵です!
とりあえず、正邪一度、試用を読んでみてください!後悔しない質だ!
鹿児島県の不倫相談